toppage_mamahug.jpg

平成31年度 チャイルドマインダー小山台 入園説明会

平成31年1月19日(土)にチャイルドマインダー小山台の入園説明会を開催致します。
参加をご希望の方は、下記のリンク先のフォームからお申し込み下さい。

お申し込みはこちら

保育事業

チャイルドマインダーの家庭保育だからこそできる、安全で親しみのあるケア、楽しく家庭的な温かい保育を実践しています。子どもの成長に最適な環境をご提供し、一人一人の子どもに寄り添った保育を実施します。詳しくはこちらから

学童クラブ

チャイルドマインダーのフィンランドスタイル学童クラブでは、子ども自ら「トライ&エラー」を繰り返す中で可能性を拡げ、生きる力を身につけることを目指します。日替わりのワークショップで体験学習を実践します。詳しくはこちらから

講師派遣

子育て支援員研修の講師を派遣致します。保育の現場と今をお伝えし、現場に寄り添った講座は大変ご好評をいただいております。受講者の方々の意識のステップアップをはかります。詳しくはこちらから

セミナー

子どもの個性や特徴に応じた躾や対応方法など、子どもとの関わりに自信を持って頂けるとように、子育てに関するセミナーを行なっております。詳しくはこちらから

著書紹介

当社取締役の須貝美香の著書をご紹介致します。

漂流する待機児童たちタイトル:「漂流する待機児童たち」
発売元:幻冬社

保育所&保育士は本当に足りないのか?
国の政策は功を奏しているのか?……etc.
子ども・子育て支援制度で新たに認定された「家庭的保育事業」の先駆者が明かす「待機児童問題」の真実

2016年、「保育園落ちた日本死ね! ! ! 」という匿名のブログ記事が投稿され、大きな反響を呼びました。認可保育所に申し込んだものの、どこにも入所できなかった子どもを指す「待機児童」の問題は、今や広く世間に知られています。そして、保育所に入るための「保活」は相変わらず熾烈を極めています。日本の未来を担う子どもたちが、行き場を失って漂流している──。そのような現状は打破しなければなりません。本書では、その解決の糸口となる「家庭的保育」の魅力や効果を網羅的に伝えていきます。